takiscope

Kentaro TAKI's official website

contents

news

about

works

texts





link
vctokyo


language

 

Treasure Hunters

    2018th3Being as TV game characters, the Protagonists try to climb up the wall, jump, take items to evade enemy’s attacks, for aiming to get “treasure” on the top of stage…What makes enemy and bad guys in TV game world always to interrupt our way, to attack us, to annoy us, and to take our liberties, by the way? Does it come from something they must save and keep? Is that their happiness which is our unhappiness? The author of this installation convert façade of building in Treasure Hill in Taipei to TV game stage, and make audience to notice about difficulty of our real world and people’s efforts to be happy.

    登場人物は、ゲームキャラクターになりきって、建物の壁を上り、飛んだり、隠れたり、敵の攻撃をかわし、アイテ ムをゲットしながら、最上階にある宝を目指す。ところでTVゲーム世界の敵や悪者は、何故我々の行く手を阻み、 攻撃や邪魔をし、自由を奪おうとするのだろう?彼らには彼らの守るべき何かがあるのだろうか?それは彼らの幸福 であり、我々の不幸なのだろうか? 作者はトレジャーヒルの建物を、ゲームのステージに置き換え、実寸で立ちはだかる現実世界の厳しさと人々が幸福の獲得に向けて努力する営為について考えさ せる。


    2019th2

Episodes over the Walls, -unNeighborly-

    ogu2019
    ヴィデオ・インスタレーション《隣人らしからぬ》、《ボーダーズ・オン...》から、隣人に対して騒いだり、壁を押したり、叩いたり、またはその壁の反対 側で様々な反応を示す人々の挿話を再編集したもの。「居酒屋パンチ」に因んで叩く映像を中心に展開する。東京と 台北で撮影された映像が使われている。

    《壁を巡る挿話――隣人らしからぬ》
    ループ上演:8分 ヴィデオ・プロジェクター、メディアプレーヤー、スピーカー

    出演: 碧衣スイミング、陳霈萱、瀧隼人、蔡叔聿、中嶋興、西田秀己、李尚達、林禹蔵、林佐旻、王姵棋、王蒞安

    「800house! ―ひらいてむすぶアートプロジェクト―」
    主催者:三浦純子・松井志朗・関根由華・大岩郁穂・西永雄二 (ARTS PROJECT SCHOOL 第3期生)
    日時:2019年2月9日(土)・10日(日)各日11:00〜16:00 会場:旧三幸青果(東京都荒川区西尾久2-31-1)

    loop screening, 8min. video projector, media player, speaker. Actors:CHEN Pei-Hsuan, Daren LEE, LIN Zuo-Min, Ko Nakajima, Hidemi NISHIDA, Aoi Swimming, Hayato TAKI, Lily TSAI, Page WANG, LIN Yu-Wei



Borders on...

    boderson

    《…的邊界》 "Borders on..."  installation, 6min loop, 2018

    表演者 Actors 王姵棋 Page WANG/ 曾亭亭 Mia TSENG/ 林佐旻 LIN Zuo-Min/ 西田秀己 Hidemi NISHIDA/ 陳霈萱 CHEN Pei-Hsuan/ 簡琬秦 CHIEN Wan-Cheng/ 林禹蔵 LIN Yu-Wei/ 李尚達 Daren LEE/ 王臣康 WANG Chen-Kang/ 王蒞安 Leann WANG/ 蔡叔聿 Lily TSAI

    Japanese Cast(日本側キャスト) 瀧健太郎 Kentaro TAKI/ 瀧隼人 Hayato TAKI/ 碧衣スイミング Aoi Swimming/ 中嶋興 Ko Nakajima

    協力 Thanks to 曾郁萍 Odele, TSENG Yu-Ping/ 黃育千 Jimmy HUANG/ 黃潤 Rae, HUANG Run/何琳璘 HE Linlin

    boderson

unneighborly Tokyo

    syndro2
    壁 1 枚隔てた裏側の見知らぬ隣人を感じつつ、互いに干渉しない生活が都市空間では日常となってる。こうした個々のコ ミュニケーション不全が、共同体や 世界規模での齟齬を引き起こすのではないかと考え、作者は等身大の人物像を複数投影し、それらが隣接しながら も、直接の接触がないやりとりを繰り広げる様子をインスタレーション作品化した。

    出演:飯森沙百合、金野泰史、碧衣スイミング、中嶋 興、 梅本尚弥、おくやまあかね、前田博雅、瀧 隼人 協力:カイロ・ヴィデオアートフェスティバル 2017 、 武蔵野美術大学映像学科
    It is normal in the urban environment today for people to live with no neighborly interaction with the strangers living on the other side of your apartment wall. Based on his belief that this deficiency of communication between individuals causes discord in communities and globally, Taki created a video installation in which life-size images of people are projected at three positions around the gallery to play out roles with no direct interaction with each other despite their close proximity.



unneighborly Cairo

    cairo
    "unNeighbroly" Kentaro Taki from ken taki on Vimeo. "unNeighborly"Kentaro TAKI, video installation, 2017, 8min loop

    《隣人らしからぬ》瀧健太郎 ヴィデオ・インスタレーション


    "unNeighbroly"Kentaro Taki from ken taki on Vimeo.


Invitation


    《Invitation》2010/2011 multi channel video installation  《Invitation》(later retitled as《Invitation2》)is presented Koganecho Bazaar in Yokohoma, as a public projection piece. Life size dancers come upon on image are projected on the column or ceiling under train bridge of Keiyu Line.  collaboration: Maiko Date(contemporary dancer) Naoya Ooe
    《インヴィテーション》2010/2011
    マルチチャンネル・ビデオインスタレーション京急線高架下にある階段広場に設置された屋外ビデオインスタレー ション。橋脚などに実物大のダンサーの映像が 映し出され、夜の街を彩る。観客は平面でも立体でもない2.5次元の舞台演出を楽しむ。

    協力:伊達 麻衣子(コンテンポラリーダンサー)/ 大江 直哉

    invitation2a

    invitation2b



Living in the Box


    《Living in the Box -specimen》2007 video installation Body parts are displayed as specimens in boxes within the white box. Each part is looking for something and this behavior recalls the physical and psychological blockages in modern life. A Collaboration with Maiko Date(contemporary dancer). at Meguro Meseum of Art, Tokyo 《リヴィング・イン・ザ・ボックス-specimen》2007 ヴィデオ・インスタレーション
    箱の中に様々な身体の部位が現れる。閉ざされた空間で何かを探すように動くそれらの身体と、敷き詰められた物質が、 映像に一つの緊張感を生み出す。伊達麻衣子(コンテンポラリー・ダンサー)との共同制作。 「目黒の新進作家―七人の作家、7つの表現」  目黒区立美術館
    lib

E-primitives

    eprimitive
    《電子的原始主義》ドローイング、ヴィデオ、オブジェ、2019年

    河合政之、瀧健太郎、西山修平3人展「Visual Materialism」
    2018年1月27(土) - 2月25日(日) MORI YU GALLERY(京都)
    eprimitive

Syndro-polis#2 "Kopfschmerz-bau"

    syndro2
    Installation, 2017,in Very Sustainable- Environmental Revollution at Yinchuan Museum of Contemporary Art (MOCA)

    症候都市#2《頭痛構成》 展覧会:非常持续――环保启示录 日時:2017.09.03 - 2017.12.17 場所:銀川現代美術館 キュレーター:谢素贞 Suchen Hsieh

Rende-vous in Syndro-Polis

    syndro
    Installation, 2016,Tokyo Wonder Site Berlin/Kunstquartier Bethanien,
    Is this city dying or surviving? In the same way as the advanced medicine makes a human being to be a cyborg, a city that is taken by science technology and controlling structure may also lose something important and organic elements because of high priority of the system. Cityscape shows us externally new and active surface, however it may be an aggregation of the ruins in fact. The images of our daily lives with problems such as poverty, gap, immigration, distinction, struggle, terrorism, economic crisis etc., are projected on our commodities and household electric appliances. There you can see a miniature impressed on wastes and gone.

    この都市は死に行くのか、それとも生き残るのか? 先端医学が人間をサイボーグにしていくのと同様に、科学技術に乗っ取られ、構造を支配された都市では、システムが最優先にされ、大切なものや有機的な要素 が失われてしまうだろう。都市の光景は、表面上真新しくアクティブに見えるものの、実際は廃墟の山なのかもしれな い。貧困、格差、移民、差別、紛争、テロリズム、経済危機等の問題に溢れた私たちの日常生活のイメージが、日用品や 家電製品に投影される。廃棄物に刻印され、消えていく縮図を、そこに見てとることができるだろう。

Bild:Muell#10 Erosion


    video installation, 2016, in "Regeneration Movement: Rethinking Technology in the Digital Age" at National Taiwan Museum of Fine Arts, Taichung, Taiwan

Bild:Muell#9 Treibsand

    Bild:Muell#9"Treibsand" is a video installation by Japanese video artist, Kentaro Taki. Taki collected several E-waste and assemble them a sculptural object to be projected images of banner, advertisement, wall-paper, click button, and many immaterial photos from web, are also another E-waste from cyber space. This piece was shown in the group exhibition "VIDEOs critical dreams" at MORI YU GALLERY, Kyoto, Japan, from 22 Aug.-20 Sep. 2015.
    家電やパソコンなど不要になったゴミや廃棄物によって作られたオブジェに、インターネット上の様々な無駄な画像(バ ナーやクリックボタン、観光写真)がランダムに映し出される。

Bild:Muell#8 Das Myzel

    video installation, 2013, by Kentaro Taki '1963-2013 50 ans d'art video' at Les Instant Video, Marseille, France

Bild:Muell#7 He papa


    《Bild:Mull#7 He papa》 2011
    ヴィデオ・インスタレーション 家電ゴミ、IT産廃などのオブジェクト上に、インターネット上のイメージや本来の外側 のイメージなどが、自動的にコラージュし 投影される。 "Video Life"展、ニュージーランド、 オークランド工科大学、st.Paulstギャラリー
    《Bild:Mull#7 He papa》 2011 video installation Junk images on the web and real material image of the object, are automatically projected on e-wastes. in "Video Life" at st.Paulst Gallery, AUT, Auckland
    bm7

Bild:Muell#6


    《Bild:Müll#6》 2010 ヴィデオ・インスタレーション "MJVAX日本・マレーシアビデオ交流展" マレーシア国立ギャラリー
    video installation at "MJVAX-Malaysia Japan video Art Exchange 2010" in National Art Gallery of Malaysia

    bm6

Bild:Muell#5 Tornade


    《Bild:Mull#5 Tornado》 2009 ヴィデオ・インスタレーション "アジアン・アート・ビエンナーレ2009"Digiark, 台湾国立美術館

    《Bild:Mull#5 Tornado》 video installation at "Viewpoints & Viewing Points - 2009 Asian Art Biennial" at Digiark, National Taiwan Museum of Fine Arts


bm5

Bild:Muell#4 Kern

    bm4a
    video installation, 2009 in "the 1st Tokorozawa Biennial of Contemporary Art/ SIDING RAIL LOAD", Tokorozawa , Tokyo
    bm4b


Bild:Muell#3 Katarakt


    bm3
    video installation, 2007, "Emerging Artists in Meguro" at Museum of Art, Meguro Tokyo



Bild:Muell#2 Gravitation

    bm2
    03. 2007 AKT open Studio ( ZAIM Gallery, Yokohama, JPN) installation




Bild:Muell#1 Wand

    bm1
    video installation, 2006,in "Melancholic Utopia", Yokohama Portside Gallery, Yokohama The first version of series of installation. Critical praxis for flooded information and images of today's society. exhibition at Port Side Gallery, Yokohama.


Corner Piece Series



    《コーナー・ピース#4》2019  ヴィデオ・インスタレーション
    壁面に様々なオブジェが登場する。コンクリートや木材の支持体をスクリーンにして本来有るはずのないものが投影 される。空間に対して、映像で可能ないくつかのアプローチ(描画、触覚、運動など)が即興的に行われる。空間と 映像のスーパーインポーズ(二重焼き付け)により、映像が空間の立体感を借り2.5次元的に半実体・半具体性を 帯びることになる。

    Corner Piece#4, video installation, 8min., loop video projector, audio speaker, tripod exhibited in "Quake Your Perception" 10-25 Aug. 2019, @Myojyuji Sarue Gallery, Tokyo


    cp
    cp


    《コーナー・ピース#3》2009  ヴィデオ・インスタレーション
    "emptiness/fullness" 2009年10月15日-25日 at 横浜想像界隈ZAIM、ZAIMギャラリー cp


    《コーナー・ピース#2》2005  ヴィデオ・インスタレーション  あるはずのない場所にオブジェクトが 置かれ、ペイント、切り刻み、壁紙の 張り替えなど空間に様々な行為が行わ れる。サイト・スペシフィックな ビデオ・インスタレーション連作。  「from Scratch」展 トーキョーワンダーサイト渋谷参加ほか

    《Corner Piece#2》 2005 site-specific video installation  Various behaviers are happened in the  space.The objects are impossiblly put,  painted, cut, or repapered the wallmaterial.  Series of installation.  at Tokyo Wonder Site Shibuya,  opening exhibition "from Scratch"

    cp
    cp2



    《コーナー・ピース#1》2005  ヴィデオ・インスタレーション
    大塚アウトラウンジ、東京
    cp